自然派のスキンケア|豆腐の盛田屋

LINE@お友達登録でクーポンプレゼント

自然派のスキンケア|豆腐の盛田屋

豆乳液 自然生活

豆乳液 自然生活 [乳液] 1本 60mL

買い物カゴに入れる

盛田屋にしか作れない豆乳のような乳液です

私たち盛田屋の化粧品は、すべて手作りの豆乳で作られています。
その化粧品づくりを支えているのが、「豆乳でお客様のキレイづくりに貢献したい」という想いです。
これまで私たちは、化粧水やクリームなど色々なタイプの豆乳化粧品を作ってきました。
その中で、一度も作られてこなかったのが「乳液」です。しかし、乳液には「肌の水分と油分のバランスを整える」という乳液ならではの良さがあります。
「乳液を作ることでもっとキレイを実感していただけるのでは」。
その想いから豆腐の盛田屋にしか作れない、「豆乳の乳液」が誕生しました。

まとめ買いがお得

    • 3本セット

      11,664円(税込)[通常]10,497円(税込)[特価]

      10%OFF1本あたり3,499円

    • 5本セット

      19,440円(税込)[通常]16,520円(税込)[特価]

      15%OFF1本あたり3,304円

    • 10本セット

      38,880円(税込)[通常]31,100円(税込)[特価]

      20%OFF+1本プレゼント1本あたり3,110円

  • 定期コース

    • 1ヶ月に1本お届け(通常価格:3,888円)

      毎回10%OFF3,499円

      送料無料

    • 2ヶ月に2本お届け(通常合計価格:7,776円)

      毎回20%OFF6,220円

      送料無料

    • 3ヶ月に3本お届け(通常合計価格:11,664円)

      毎回30%OFF8,163円

      送料無料

商品説明

盛田屋の豆乳のようななめらかな感触を追求

乳液づくりで最もこだわったのは、豆乳に手を浸したような「濃厚でなめらかな使用感」でした。
化粧水よりもコクがあり、クリームほど重たくない。
絶妙な使用感に仕上げるまでに何度も試行錯誤を重ねました。
そうして完成した「豆乳液 自然生活」は、とろけるように柔らかで、まるで盛田屋の豆乳のよう。
肌にのせると化粧水のようにスッと浸透しながら、クリームのように潤いをキープ。
コラーゲンとともにふっくらキメが整ったしなやかな肌へ導きます。

イメージ01

豆乳液 自然生活 Q&A

乳液とクリームの違い

乳液もクリームも、「油分で肌にフタをして潤いを保つ」という働きは同じです。
しかし、油分と水分のバランスが違うため、仕上がりの肌も異なります。
油分が多いクリームは肌にピタッと密着してしっとり肌に。
一方、乳液はクリームほど油分は多くなく、その分水分が多いため、潤いが浸透(角質層まで)することでキメが整い、ふっくら柔らかな肌に仕上がります。

イメージ01

豆乳液に含まれる油分

「スクワラン」はもともと肌に存在する美容成分。
皮脂膜として乾燥から肌を守ってくれる天然のクリームです。
「豆乳液 自然生活」を作る際、豆乳と相性の良い美容成分を色々と試し、コラーゲン(※)とスクワラン(※)を選びました。
コラーゲンとスクワランは30歳前後から激減。
乾燥や小じわなどの肌悩みにつながるため、年齢肌のために補うべき美容成分です。

イメージ03

乳液とクリーム、両方使った方がいいの

肌表面を柔軟にする乳液と、潤い保持力が高いクリームの両方を使えば、ふっくら柔らかな肌触りとしっとり感を叶えた理想の肌に。
また、乳液とクリームを重ね塗りで潤いもぐんと長持ち。
下の実験でも、乳液とクリームを重ね塗りしたお餅がひび割れが少なく、一番潤いをキープできています。もちろん、どちらかを1個でもOK。
脂性肌の人は乳液、乾燥肌の人はクリームがおすすめです。

イメージ04 イメージ05

オールインワンじぇると乳液の合わせ技

まず、顔全体にオールインワンジェルを塗ったら、目元や口元などの乾燥しやすい部分に 「豆乳液 自然生活」を重ね塗りしましょう。
サラッとした感触の「豆乳液 自然生活」なら、オールインワンジェルとのなじみも抜群。
軽い感触がお好みの方におすすめの合わせ技です!

イメージ06 →豆乳よーぐるとオールインワンじぇる 玉の輿 詳細はコチラ!

乳液とクリームの使い分け

皮脂量が多くてベタつく夏は乳液、逆に皮脂量が少ない冬はクリームと季節で使い分けてみましょう。
また、朝と夜の使い分けもおすすめ。
朝の乳液は肌のキメを整えて、メイクのノリがアップ。
夜のクリームは、日中のダメージをケアしてくれます。

※ 保湿成分

使用方法

使い方イメージ1 使い方イメージ2 使い方イメージ3 使い方イメージ4

さらにこんな使い方も!「豆乳液 自然生活」活用術!ファンデーしょん+豆乳液

リキッドファンデーションに、「豆乳液」をちょい足しするだけで保湿力がアップ!
メイク中も保湿ケアができ、しっとりつや肌が続きます。

豆乳液~化粧水を3往復

イメージ8

洗顔後、まず「豆乳液」を薄く塗り、肌表面を柔らかくして、潤いが浸透しやすい肌状態に。
その後、「化粧水→乳液→化粧水→乳液」を少量で3回ほど繰り返し、仕上げにクリームを塗れば、1日中乾かないふっくら肌に!

乾燥がひどい時には「豆乳液」でクレンジング!

乾燥で肌が弱っているときは、いつものクレンジングの要領で「豆乳液」を使ってみましょう。
乳液の油分がメイクの油分をスルッと浮かせて落とします。
薄めのメイクなら、乳液クレンジングで十分落とせます。

使用方法

乳液なんてと思っていたけど、今ではすっかり乳液派です

頬の毛穴が目立つようになり、色々な美容液やオイル、クリームを試していました。
「乳液じゃ機能が不十分。毛穴にはオイルが一番!」と、“アンチ乳液派”だった私。
ところが、「豆乳液 自然生活」を使ってみると、想像以上の優秀さ!
使いはじめて10日目、気になっていた毛穴が目立たなく!
夕方のカサつきも軽減され、ふっくらしっとりが長続き。毛穴が気になる方はぜひ使っていただきたいです!
自信を持っておすすめします!

編集部スタッフ 上島

翌朝の肌にヒカリが!毎日ツヤ肌で乾燥なんか怖くない!

いつもは化粧水と美容液のみですが、今回、「豆乳液 自然生活」を夜のスキンケアの最後に使用してみました。
最初は特に変化を感じませんでしたが、7日目の朝、洗顔後のハリにびっくり!
明らかにテカリとは違うヒカリ!
正直、肌の水分量には自信があったのですが、今までとは全く違うみずみずしい肌触りに感動しました。
今は夜だけでなく、毎朝クリームファンデーションと「豆乳液 自然生活」を混ぜて使っています。
伸びが良くてツヤツヤ肌に!おかげでエアコンの中でも乾燥知らずです!

編集部スタッフ 野尻

成分表

豆乳液 自然生活(60mL)

水、BG、グリセリン、スクワラン、ジメチコン、ペンチレングリコール、シア脂、ポリソルベート60、豆乳発酵液、センブリエキス、シイタケエキス、加水分解コラーゲン、ショウガ根エキス、フキタンポポ花エキス、ウコン根エキス、シソ葉エキス、ダイズ種子エキス、ナットウガム、PEGー40水添ヒマシ油、ベヘニルアルコール、ステアリン酸ソルビタン、カルボマー、ビサボロール、水添レシチン、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、水酸化Na、ペンテト酸5Na
※パラベン・合成香料・合成着色料・鉱物油不使用

この商品を買った人はこんな商品を買っています。

豆乳液 自然生活 のクチコミ

総合評価:(0点)

クチコミ:0件

「豆乳液 自然生活」を使用してみたご感想やおすすめの使い方などをご投稿ください。

※ クチコミの投稿にはログインが必要です。

※ クチコミはあくまでも個人のご感想であり、商品の効能を確約するものではありません。
※ 投稿いただいたクチコミは、内容を確認後、1週間前後で掲載されます。
※ クチコミ投稿の主旨に反する書き込み・ご質問などは、掲載されない場合や削除、または主旨の変わらない範囲で修正することがございます。

この商品のクチコミはまだありません。

クチコミの投稿

クチコミを投稿するにはログインしてください。

トップ