自然派スキンケアのお店

ようこそ、ゲスト

【季節の変わり目の”ゆらぎ肌”に】秋にやるべきスキンケア

【季節の変わり目の”ゆらぎ肌”に】 秋にやるべきスキンケア

10月になり、だんだんと秋の気配を感じられるようになってきました。
夏から秋にかけては、気温や湿度が変わるうえに夏の間に受けた紫外線ダメージが9~10月に表面化してくるので、なんだかお肌の調子が良くないなぁと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな今日は、季節や環境の変化や、ホルモンバランスの乱れなどで肌が不安定になる“ゆらぎ肌”さんの、秋にやるべきスキンケアをご紹介します。

1.やさしく角質ケア

この時期の肌は、夏に浴びた紫外線の影響で角質がたまりがちに。
古い角質をため込んだままスキンケアをしていても肌のごわつきが取れず肌状態は悪化していきます。
まずはやさしく古い角質をオフしてから、スキンケアをしっかりと行いましょう。角質ケアはやさしく肌に刺激の少ないもの、潤いを奪わずに保湿できるものを選ぶのもポイントです。

2.保湿重視のケアにシフト

肌のバリア機能が低下しているこの時期は、保湿が特に重要です。
身体と同様、肌も夏バテをします。腸の働きが低下して必要な栄養をうまく取り込めなくなり、肌荒れや乾燥の原因にも。
夏のダメージを蓄積していた肌を労わる気持ちで、しっかりと保湿をすることが大切です。
しっかりと化粧水で水分補給をしたあとは、乳液とクリームをしっかりと。水分と油分のバランスを保つことを意識してください。

3.紫外線対策はしっかりと

暑さが和らいできても9,10月の紫外線量は大幅には下がっていません。
日焼け止めや、SPFの入った化粧下地でブロックしつつ、メイク直しの時はおしろいなどで額や頬をカバーするようにしてください。


季節の変わり目は疲れやすく、身体や肌に影響が表れる方も多い時期。
日々の丁寧なケアで身体も肌もすこやかな美しさを保ちましょう。

ゆらぎがちなお肌におすすめなスキンケアが「自然生活シリーズ」。
しっかりと保湿しながら肌のバリア機能もケア。大豆イソフラボンのチカラで女性のきれいをサポートしてくれます。

トップヘ