自然派スキンケアのお店、豆腐の盛田屋

ようこそ、ゲスト

豆腐の盛田屋が提案する
豆乳肌育

乾燥が気になる肌へ、肌本来のすこやかな肌へ導く 乾燥が気になる肌へ、肌本来のすこやかな肌へ導く

洗いすぎ、洗い残しが乾燥スパイラルの原因に。

肌には本来、優れたスキンケア機能が備わっています。外部刺激から肌を守り、乾燥や肌老化を防ぐ「バリア機能」や、新しく生まれ変わり肌をすこやかな状態に保つ「ターンオーバー」です。

乾燥しやすい肌は、バリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れた状態。こうした肌状態に拍車をかけるのが「洗いすぎ」「洗い残し」「与えすぎ」など、肌への負担が大きいスキンケアです。

特に注意が必要なのが、過剰に皮脂を取りすぎて潤いを損なう「洗いすぎ」や落とし切れなかった皮脂や汚れが酸化して肌ダメージを引き起こす「洗い残し」。肌質・肌状態にあわない、負担のかかる洗顔は、乾燥しがちな肌のバリア機能をさらに低下させ、乾燥スパイラルを引き起こす原因になっています。

豆腐の盛田屋が提供するスキンケア。
乾燥が気になる肌に。豆乳肌育。

乾燥スパイラルを防ぐには、肌質・肌状態にあったスキンケアが大切です。豆腐の盛田屋は、バリア機能が低下した肌のために豆乳泡で洗うケアをご提案。洗顔後は、女性ホルモンと似た働きをする豆乳イソフラボンをたっぷりお肌に。乾燥しがちな肌に、毎日、たっぷりの豆乳を与える「豆乳肌育」で肌本来のすこやかな肌へサポートをします。

豆乳洗顔でバリア機能を守りながら洗う。

自ら洗う機能が備わっていない肌にとって、洗うケアはとても大切。豆腐の盛田屋は洗うケアに拘って、「洗浄成分」と「保湿成分」の理想のバランスを研究。イソフラボンを含んだ泡が、余分な皮脂を洗い落しながら、肌を潤す「豆乳泡」を開発しました。

豆乳イソフラボンを毎日、肌に与えるケア。

ターンオーバーに影響を与える女性ホルモン。それとよく似た働きをするのがイソフラボンです。豆腐の盛田屋は肌本来のすこやかな肌へサポートするため、「豆乳イソフラボン」を毎日、肌に与えるスキンケアを提案します。

-「豆乳肌育」おすすめセット -

トップヘ