自然派スキンケアのお店

ようこそ、ゲスト

キレイになりたいと思った瞬間から素肌はどんどん若返る!

監修:皮膚科専門医 岩本麻奈先生

あなたは今、自分の肌とポジティブに向き合っていますか?

 

あなたは今、自分の肌とポジティブに向き合っていますか? 年齢を気にかける、老化に抗おうという気持ちから生まれた「アンチエイジング」という観念は、あっという間に女性たちの間のキーワードになりました。 けれど今、「アンチエイジング」の意味合いは医学の進歩と共にアグレッシブな立ち位置に変わりつつあり、代わりに「エイジレス」という発想が市民権を得ています。あるいはエイジングを肯定した、「ウエルエイジング」「ヘルシーエイジング」なども同様です。

“25歳はお肌の曲がり角”という言葉がありましたが、自分の心の中で、美肌にピークというものを設定してしまってはいけません。 人がいくつになっても成長を続けているように、肌だってみずから生まれ変わることを決してあきらめたりはしないのです。

美肌を自分自身で諦めない。

年齢を重ねることと、肌が衰えることをイコールで結びつけていては、 せっかくの美肌をつくる潜在能力を自ら封印していることになるのです。 年齢という概念そのものを、一度キレイさっぱり捨て去ってしまいましょう。 空間も時間も、しょせんは人が作った<とらわれの概念>にすぎません。 生物学的には、細胞は瞬間単位で生まれては消え、7年もたてば人の細胞はすべて入れ替わってしまうといわれるほど。若い頃の肌が美しかったのは、肌だけに限らず、 それほど気にかけなくとも健康をキープするのが容易な年代だからです。

衰えに対処するというアプローチではなく、健康な肌を常にキープしようという意識こそ、美肌への近道なのです。健康な肌を取り戻すことが、肌の再生力を奮い立たせる第一歩。肌は皮膚という、人間最大の臓器の一部なのですから。 どんなに肌が荒れている人でも、年齢に関係なくリセットは可能です。 前向きな気持ちで改善していけば、時間差こそあれ手遅れなんていうことはないのです。 あなたの意識の中から「アンチエイジング」という考えを一旦抜き出し、 その空いたスペースに「エイジレス」という信念を入れてみてください。

出典:岩本麻奈 著「Dr.Manaのすっぴん肌力」より(内容は掲載に際し適宜編集しております)
東京女子医科大学卒。慶應義塾大学医学部皮膚科教室の研修後、市中病院勤務を経てフランスへ。現在、フランス、日本、ASEAN諸国をベースに、人・健康、生活スタイルに関する情報を収集し、独自の視点を交えて発信している。
【岩本麻奈 オフィシャルブログ 『はだぢから開発室・分室』 Powered by Ameba】

トップヘ