自然派スキンケアのお店

ようこそ、ゲスト

保湿の基本知識 「肌がうるおう」とは?

監修:皮膚科専門医 岩本麻奈先生

「肌がうるおう」とは?

 

「保湿」とは肌のうるおいを保つためのスキンケアのこと。では、肌がうるおうというのは、どういう状態なのでしょうか?
実は、美容業界のなかでも、保湿の意味を正しく理解している人は多くありません。
保湿のカギを握っているのは、肌表面の「角質層」。私たちの皮膚は表皮、真皮、皮下組織から構成されています。もっとも外側にある表皮は4層構造となっていて、その一番外側にあるのが角質層です。
角質層には、3つの保湿成分「セラミド」「NMF(天然保湿因子)」「皮脂」があり、角質層の水分を守っています。肌のバリア機能ですね。こうした機能は、季節の変わり目や加齢などによって低下するため、それを補うのが「保湿」の本当の目的です。つまり「保湿」とは、化粧水で外から水分を与えることではなく、肌が自ら保湿物質を生み、水分を蓄える力を助けるスキンケアのことを指すのです。

「保湿」でよくある勘違い

 

「肌がカサつくなら化粧水で保湿」と考える人は多いのですが、外から与えた水分は蒸発するのでそれのみでは保湿にはなりません。人気のシートマスクも水分が一旦は角質層に浸透しますが、時間とともに蒸発します。肌の水分をキープするには、適切な油分補給が大切です。
特にセラミドは角質層の中で重要な働きをする成分です。
また、脂性肌や大人ニキビがあると油分を避けがちですが、化粧水だけでは保湿ができないため、肌の水分量が低下。バリア機能が弱まり、余計に大人ニキビができやすく、テカりやすくなることも。
ちなみに、洗顔は優しく。ターンオーバーが滞っているからとゴシゴシ必要以上に洗ったりするのもNGです。正しい保湿ケアを知り、間違ったお手入れで肌にダメージを与えることのないようにしたいところです。

出典:著書「日本女性のための本当のスキンケア」より(内容は掲載に際し適宜編集しております)
東京女子医科大学卒。慶應義塾大学医学部皮膚科教室の研修後、市中病院勤務を経てフランスへ。現在、フランス、日本、ASEAN諸国をベースに、人・健康、生活スタイルに関する情報を収集し、独自の視点を交えて発信している。
【岩本麻奈 オフィシャルブログ 『はだぢから開発室・分室』 Powered by Ameba】

トップヘ