自然派スキンケアのお店、豆腐の盛田屋

ようこそ、ゲスト

薬用豆乳※1美白※2化粧品シリーズ「つくも」ができるまで

「つくも」ができるまで

透明美肌のために、効果とやさしさをひとつに。

豆腐の盛田屋初の薬用豆乳※1美白※2化粧品シリーズ「つくも」は、
敏感肌にも使えるやさしい使い心地と、確かな美白力※2で人気を集めています。
この「つくも」シリーズがどのように誕生したか、その開発秘話についてご紹介します。

※1 豆乳発酵液(保湿成分)
※2 メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

敏感肌の方が使い続けられる、美白※2化粧品を作りたい。

「つくも」ができるまで

「美白効果のある成分は多数ありますが、敏感肌にやさしい美白成分に出合えていませんでした」と話すのは、『つくも』の開発担当の女性スタッフ。 自身も美白化粧品で肌が荒れた経験があること、また「シミをケアしたいけれども、美白化粧品が肌に合わない」というお客さまが多いことから、 「敏感肌の方が使い続けられる美白※2化粧品」をコンセプトに開発をスタートしました。

※1 豆乳発酵液(保湿成分)
※2 メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
※3 乳酸桿菌/豆乳発酵液(保湿成分)

「敏感肌でも、美白※2ケアを諦めたくない」その思いをカタチにしました。

「つくも」ができるまで

しかし、数限りなくある成分から敏感肌に合う美白成分を選ぶのは難しいこと。
長い年月を費やしました。そうした中でようやく見つけ出した美白※2成分が 「トラネキサム酸」です。

トラネキサム酸は、「シミ・そばかすを防ぐ」という美白※2効果がありながら、低刺激。
まさに、豆腐の盛田屋が探し求めていた理想の美白※2成分でした。 「ようやくスタートラインに立ったような気持ちでした」と話す開発担当スタッフ。お客さまに自信を持ってお届けできる美白※2化粧品が作れると確信したといいます。

「つくも」ができるまで

それからは「肌へのやさしさ」と「効果」を両立した配合バランスや、美容成分を狙ったところに届けるための浸透性※4、心地良いテクスチャーや無香料を追求。 その中で、豆腐職人が作る豆乳があったからこそ、豆腐の盛田屋にしか作れない美白※2化粧品を開発することができました。

豆乳発酵液※3という成分は色々な化粧品に使われていますが、
“豆腐屋の豆乳”からできた豆乳発酵液※3を使っている化粧品は他にありません。
椎葉村の小さな豆腐工場が始まりですが、『豆腐の盛田屋の化粧品なら安心』と信じて使っていただいているお客さまに満足いただける化粧品ができました。

敏感肌の方、シミを作りたくないという方、ぜひこの夏『つくも』をお試しください。

※2 メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
※3 乳酸桿菌/豆乳発酵液(保湿成分)
※4 角質層まで

「つくも」ができるまで

※1 豆乳発酵液(保湿成分)
※2 メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

トップヘ