自然派スキンケアのお店、豆腐の盛田屋

ようこそ、ゲスト

“マスクによる鼻ニキビ”対策!
チェックすべき3つのポイント。

“マスクによる鼻ニキビ”対策!チェックすべき3つのポイント。

“マスクによる鼻ニキビ”に悩まされている人が増えている!

コロナ感染症予防のために、しばらくマスクを着用する日々が続いています。
今はどうしても欠かせないマスクですが、肌が擦れたり、蒸れたりすることで、
肌の状態が悪くなり、皮膚炎やニキビに悩む人が少なくありません。
特に、マスクが必ず当たってしまう鼻のニキビは、治りにくく困っている方も多くなっています。

そんな“マスクによる鼻ニキビ”が気になる時に、チェックすべきポイント3つをご紹介します!

1.スキンケアを見直してみる

“マスクによる鼻ニキビ”対策!チェックすべき3つのポイント。

鼻ニキビをできにくくするためには、抗炎症作用・抗菌作用のある有効成分を含み、
肌負担の少ないやさしい保湿ができる基礎化粧品がおすすめ
です。
そして、そのような基礎化粧品を使って、十分な保湿を行ってください。
べたついているので保湿はいらないのでは?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、べたついているということは、肌の状態のバランスが崩れている可能性があります。 しっかり保湿することで、肌の状態を整え、健康な美肌に導きます。

おすすめアイテム
どくだみ豆乳せっけん
豆乳液豆乳くりぃむ

また、肌のバリア機能が弱っていると、マスクが肌に与える影響も健康な肌より大きくなりがち。
化粧水や保湿クリームでしっかりと保湿をすることで、マスクによる肌ダメージを軽減します。

化粧水を使う際には、必ず手を洗い、手のひらに広げ、顔にやさしくなじませてください。
顔をパチパチたたいたり、コットンで刷り込むのは、肌を痛めるのでNG。
化粧水が肌になじみ、手で触って「もっちり」するまで、何度か化粧水での保湿を繰り返してください。
乾燥感がなくなり、肌が「もっちり」したら、乳液やクリームで、肌の水分が蒸発しないようカバーします。

2.マスクとニキビが接触しないよう工夫する

ニキビなどの肌の不調は、肌への刺激が大の苦手。
マスクずれを防止するパッドや、小さく折ったコットンを、マスクとニキビが接触しないようにうまくマスクに取り付けると、ニキビへの刺激を軽減することができます。
不織布のマスクの場合、ワイヤーの曲げ方を工夫して、ニキビにマスクがあまり触れないようにするのもおすすめです。
綿などの布マスクは、ワイヤーが入っていないことが多いですが、手芸用品でノーズワイヤー(テクノロート)が販売されているので、自分で取り付けることもできますよ。

3.マスクにこだわってみる

“マスクによる鼻ニキビ”対策!チェックすべき3つのポイント。

一般的に、マスクは不織布より綿100%のガーゼマスクのほうが、
通気性が良く、表面の起毛もないので、肌にやさしいといわれています。

やわらかな綿のマスクはもちろん、肌触りの良いシルクや、蒸れにくい麻のマスクも販売されているので、
自分に合ったマスクを探してみてはいかがでしょうか。素材によって、かなり蒸れの差があります。
不織布マスクを使う場合も、内側に綿ガーゼを1枚はさむことで、肌への刺激をやわらげることができます。
マスクは洗濯機で洗うと、布が傷んで毛羽立ち、マスクの状態が悪くなります。
毎日やさしく押し洗いして、しっかり乾燥させ、清潔なマスクを使ってください。

マスクとうまく付き合っていこう!

“マスクによる鼻ニキビ”対策!チェックすべき3つのポイント。

“マスクによる鼻ニキビ”対策としてチェックすべきポイントをご紹介しました。
わたしたちの日常の中で“必需品”となりつつあるマスク。
肌トラブルに悩まされることもありますが、自分に合ったスキンケアやマスクを探すことで、
日々のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させ、ストレスの少ない暮らしを実現させましょう。

おすすめ記事
要注意!マスクによるニキビや肌荒れ
マスクで“耳”痛くないですか?「マスク皮膚炎」になってしまう前に、耳までスキンケアを

トップヘ